温泉向け商品

露天風呂や離れの温泉温度を手元で確認する
チラシ用湯の季sp
Webいで湯守り
商品名:Webいで湯守り RTR-500 おんどとりセット(無線タイプ)
164,000円(税込、送料別) セットに含まれるワイヤレス温度計をお風呂にセットします。計測温度はインターネット経由で事務所のパソコンやスマートフォン等で確認できます。また、温泉の温度が下がった時にはメール通知機能で直ちにお知らせします。温泉の温度管理はこれ一台で安心です。
 DSC06263
セット内容
 おんどとり子機RTR502
 *温度を測定して親機にデータを送ります
 おんどとり親機RTR−500C
 *測定データをインターネットに送ります
 LANコンバーター
 電源アダプター
 RS232Cケーブル
 防水BOX

 
商品名:Webいで湯守り TM4セット(有線タイプ) 
165.000円(税込・送料別) 計測温度はインターネット経由で事務所のパソコンやスマートフォン等で確認できます。また、温泉の温度が下がった時にはメール通知機能でお知らせします。温泉の温度管理はこれ一台で安心です。このセットで4ヶ所の温度測定が同時に行えます。
 TM4
セット内容               
 4点計測温度計
 LANコンバーター
 電源アダプター
 RS232Cケーブル
 10mモードルセンサー2本
 防水BOX
*別途LANケーブル、Windows環境のパソコン、ADSLルーターなどのインターネット常時接続可能な環境をご用意下さい。
【電源】AC 100V
【セットアップソフトウェア動作環境】Windows Vista、7、8
【データ管理】Webブラウザ(IE、Firefox、Safari)
データ更新間隔は3分、5分、10分、15分、30分、3時間から選択可能。データ保存容量300M、公開端子数2端子、(1IDあたりの無料範囲)、イメージ保存容量500MB
 利用規約はhttp://www.oyasai.comをご参照ください。

おんどとり子機の取り付け例
チラシ用桐谷3 おんどとり子機BOX チラシ用桐谷2
  お風呂へのおんどとり設置ステップ
ステップ1
親機の場所を決める
Webいで湯守セットBOXの設置場所を決めます。設置場所はBOX内の親機と風呂場に設置する温度計子機との電波が届く位置、そして更にインターネットに接続するLANケーブルが届く位置、又は無線LANが可能な位置にします。親機の取り付け位置は比較的高い場所を選ぶと良いです。又、取り付け場所(壁)が木製でしたらドライバー1本で間単に取り付けはできます。
ステップ2
センサーの設置
温度センサー(おんどとり子機)の先端をお風呂場の測定したい場所に設置します。その場合、いたずらをされないように塩ビ管などの保護管も用意する事をお勧めします。そしてBOX内にある親機と・温度センサー(おんどとり子機)が通信可能な位置に設置します。距離があったり障害物があった場合は別売りの中継器を増設する事により親機と子機のデータ通信を確実な物にさせます。
ステップ3
無線、有線LANに接続
BOX内にあるLANコンバーターに無線又は有線で事務所等につながっているインターネットと接続させます。又はモバイルデータ通信を利用してインターネットに接続させます。
ステップ4
Webでアカウントを取得
インターネット上のOYASAIひろばへ行き、ID及びパスワードを登録をしてアカウントを取得して下さい。oyasai.comにログインして機器が使えるように機器登録や、温度管理に必要な設定をして下さい。また、登録・設定作業など、パソコン操作が苦手な方には機器登録、設定等をすませて出荷することは可能です。登録・設定が完了しますと、携帯、スマホ等で簡単に温度チェックが可能になります。また、便利な「お知らせメール」や「ホームページへ公開」などの機能が使えるようになります。